留学制度紹介(グローバルスタディーズ学科)

留学制度紹介(GS)

カリフォルニア大学バークレー校 図書館 前

「正規専門科目留学」を目指す、グローバルスタディーズ学科の提携留学

グローバルスタディーズ学科は、※1セメスター以上の英語圏への留学を必修にしています。

グローバルスタディーズ学科の提携留学は、現地の一般学生と机を並べ、同じ正規の授業を履修する「正規専門科目留学」を目指します。海外大学の附属機関で英語を学ぶ「語学留学」とは基本的に異なります。滞在先もホームステイやキャンパス内の学生寮を予定していますので、大学生同士の交流も自然におこなわれます。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

提携留学先

グローバルスタディーズ学科の提携留学先は、外部業者に委託するのではなく、専任教員が個別に交渉して選定しています。そのため留学中の教育内容などもしっかりと把握。多様性にあふれた次の大学から選択可能です。
(2016年6月現在)

[アメリカ]
カリフォルニア大学バークレー校
University of California, Berkeley

<特徴>カリフォルニア大学群で最初に誕生した学校で、50人ものノーベル賞受賞者を輩出。アメリカで最も充実した蔵書の図書館など、学業面を支えるさまざまな施設も充実。世界的にも高い評価を得ており、大学ランキングでは常に上位で、世界有数の名門校。World University Rankings 2013-2014第8位。2013年QS 世界大学ランキング25位。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

カリフォルニア大学バークレー校

University of California, Berkeley


[アメリカ]
カリフォルニア州立大学フラトン校
California State University, Fullerton

<特徴>2011年度のU.S. News & World Reportで西部の州立大学の中でトップ6にランクイン。世界80カ国から1,000人以上の留学生が学んでおり、全体の学生の60%が米国以外の言語、民族、文化的バックグラウンドを持っている。マイノリティーの学生への学位授与数も全米で第6位にランクイン。中南米学やメキシコ系アメリカ人学の研究が充実。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

カリフォルニア州立大学フラトン校

California State University, Fullerton


[アメリカ]
南ミズーリ州立大学
Missouri Southern State University

<特徴>アメリカ合衆国の中西部に位置し、州東にはアメリカ最大の川であるミシシッピ川が流れるミズーリ州。ジョプリンはそのミズーリ州の南西端に位置し、かつて鉛、亜鉛、上質な石灰岩を産出したことでも知られる街です。ミズーリ州は、大部分が穀倉地帯であり、日本でも馴染みの深い小説「トム・ソーヤの冒険」の舞台にもなっており、川や湖、緑の山々など美しい自然に恵まれた州です。季候も良く、夏は平均気温が25~27度で湿度がやや高く、冬は厳しく冷え込むことはほとんどありません。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

南ミズーリ州立大学

Missouri Southern State University


[オーストラリア]
モナシュ大学
Monash University

<特徴>オーストラリア名門8大学“Group of Eight”のひとつ。創立50年ほどの新しい大学だが世界的に評価が高い。質の高いリサーチ系に重点を置いており世界中に75以上の専門研究機関を有している。国内にある6つのキャンパスのほか、南アフリカやイタリア、マレーシアにもキャンパスがある。2013年QS 世界大学ランキング69位。World University Rankings 2013-2014第91位。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

モナシュ大学

Monash University


[オーストラリア]
ディーキン大学
Deakin University

<特徴>政府や大企業と提携し、オーストラリアでもトップレベルの実践的なプログラムを提供。優れた教育と革新的なコース内容で高く評価され、Australian University of the Yearの2度の受賞のほか、教授陣も含め数多くの賞を受賞している。留学生の受け入れにも積極的で、英語コースから進学を果たす学生も多い。医療・看護系に特に力を注いでいる。スタッフのサービスやケアにも定評がある。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

ディーキン大学

Deakin University


[ニュージーランド]
ワイカト大学
The University of Waikato

<特徴>大学の歴史はそれほど長くないが、現代的で進取の気風が漂い、国際的で柔軟性のある教育で知られている。学生の年齢や人種も多様であり、学生数 13,000人のうちおよそ 2,800人が留学生で、その出身地は 70ヵ国にも及ぶインターナショナルな環境。50年以内に設立された大学のランキングで世界46位を獲得。10の分野で、ニュージーランドトップにランキングされている。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

ワイカト大学

The University of Waikato


[カナダ]
レイクヘッド大学
Lakehead University

<特徴>サンダーベイは、五大湖の中でも最大の面積を誇り、北海道とほぼ同じ大きさであるスペリオル湖西岸に位置する都市で、オンタリオ州北西部の中心都市として、この地域における教育と医療のサービス拠点となっています。豊かな自然と鉱物資源に恵まれ、水上交通の要所でもあったため、9,000年も前から先住民が暮らしていたといわれます。
北欧と同じような森林産業が盛んなことから、フィンランドからの移民が多いのも特長。
地名や、建物、そして食事などいたるところにその北欧文化がかいま見られます。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

レイクヘッド大学

Lakehead University


[カナダ]
ランガラカレッジ
Langara College

<特徴>大自然を残しながらも都会としての魅力を併せ持った美しい都市として世界的に知られているバンクーバー。カナダ西海岸の都市としては最大規模で、アジアやアメリカからカナダへ入る際の西の玄関口となっています。海流の影響による温暖な気候と周囲の雪山の美しさでも有名です。様々なアクティビティを年間通して楽しめる最適な立地条件と、輝くような大都会の景観という2つの魅力を備えており、自然環境と洗練された世界トップクラスの都市生活を同時に楽しめる貴重な街です。

※留学先により異なりますが、現地における授業は15週程度となります

ランガラカレッジ

Langara College


現在交渉中の大学

  • タスマニア大学(オーストラリア)
  • サザンクロス大学(オーストラリア)
  • ユニバーシティ・カレッジ・コーク(アイルランド)
  • ライデン大学(オランダ)
  • ウォーリック大学(イギリス)

グローバルスタディーズ学科の交換留学

交換留学とは本学の学生交換協定校へ龍谷大学の代表として派遣されるものです。国際学部グローバルスタディーズ学科が必修留学先として定める約50ある交換留学先(国・地域)の中から選んで申込みをしてください。ただし、必修留学を終えて、さらなる留学をする場合は、英語圏以外の留学も可能です。
※グローバルスタディーズ学科生

は交換留学中も通常学費の納入が必要ですが、グローバルスタディーズ学科交換留学生には奨学金として50万円が支給されます。)

交換留学について詳しくはこちら

学生交換協定締結はこちら(グローバル教育推進センターページ)


グローバルスタディーズ学科の短期留学

短期留学は授業期間ではなく、夏期・春期の長期休業期間に留学するものです。「学科企画」「コース企画」「教員企画」など国際学部独自のプログラムの他、自らが探してきた研修プログラムで単位認定を受けることも可能です(「自己応募」)。 詳しくは、留学サポートデスクまでお問い合わせください。

このページのトップへ戻る