学部長メッセージ

「国際文化学部」。この本学部の学部名称から何を連想しますか。国際的な何かを学ぶ、いろんな国の文化を学ぶ。そうですね。この日本語名称だけからはそういうものしか浮かび上がりませんね。ところが、本学部名称の英語表記は、Faculty of Intercultural Communicationとなっています。直訳すると「異文化間コミュニケーション学部」。これだと意味がよりクリアーになりませんか。自文化と他文化という異なる文化を学び、異文化に生きる者とのコミュニケーションがうまくとれるような人材を養成する学部ということです。そして、実は、世界のグローバル化が急速に進展していく中で、異文化間のコミュニケーション能力を発揮できる人材が、あらゆる分野で求められているのです。それどころか、専門知識や専門技術以上に重視されているのが、コミュニケーション能力なのです。

コミュニケーション能力を、端的に言い換えるならば「わかりあう力」です。相手を理解し、私を理解してもらうわかりあう力。国際文化学部は、このわかりあう力を養うために、自文化と異文化を学ぶのです。なぜなら「文化」は私を形成し、相手を形成するバックグランドであり、これを知ることが相互理解の前提となるからです。

本学部では、こうした文化の学びへの入り口として国際共生コース、地域文化コース、芸術・メディアコース、言語分野コースの四つを設け、自分の関心にあわせて勉強できるようなカリキュラムが用意されています。

本学部では、さらに異文化理解のツールとして語学力、とりわけ英語運用能力の滋養に力を入ています。また、英語以外に中国語、コリア語、フランス語が集中して学べるコースも提供されています。語学力滋養のためのカリキュラムはもちろん、バイリンガル・バイカルチュラルな教授陣による豊かな経験と研究成果にもとづいた教育が施されています。さらに、充実した海外留学制度とサポートシステムがあり、現地で異文化を肌で体験する機会を提供しています。

本学部の4年間の学びを通じて、「わかりあう力」を身につけるために、文化や国を越えて、自分の考え、自分の心を自分の言葉で表現できる発信力、また、異文化を学ぶことで相手の考え、相手の心を理解する受容力を養育するのが国際文化学部です。

国際文化学部長
久松 英二

国際文化学部長 久松 英二


このページのトップへ戻る