最新情報

実業家・吉田 潤喜氏が龍谷大学を訪問、本学学生と懇親を深めました(国際文化学科)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年5月27日

Yoshida Group 会長の 吉田 潤喜さん
懇親会は終始和やかな雰囲気でした
MHCC短期研修(2015年2月)。この研修での様子を吉田さんもよく覚えておられました。
ヨシダソースBBQを食べて「おいしい!」
1999年から2009年まで マウント・フッド・コミュニティー・カレッジ財団の理事を務めるなど、同校とのつながりが深い吉田さん
オレゴン出身で、マウントフッドコミュニティカレッジの短期研修プログラム企画者のタヒューン先生ともオレゴン・ポートランドの話で盛り上がりました
吉田さんとのお話の中で感極まる学生も。
今年度もマウントフッドへの短期プログラムが予定されています

アメリカでは「イチローの次に有名な日本人」とも言われる実業家 吉田潤喜さんが来学され、国際文化学部のマウントフッドコミュニティカレッジ(MHCC)短期派遣留学参加者7名らとの懇親を深めました。

 オレゴン出身のタヒューン先生が同地にあるMHCCでの短期研修を1996 年夏に企画したことが契機となり、2002 年より龍谷大学からMHCCへの短期派遣プログラム、翌2003年からはMHCC学生を龍谷大学国際文化学部にて受け入れる短期プログラムもはじまり、本学と同校は長きにわたって良好な相互交流が続いています。

 2015年2月におこなったMHCC短期派遣プログラムにおいて、オレゴン州在住でMHCCとも関連の深い吉田さんのご厚意でヨシダソースの工場を本学学生が見学、吉田さんとも交流をおこなったことが機縁となり、今般の貴重な機会となったものです。

 懇親会は、MHCC短期派遣留学参加者のうち7名とタヒューン先生も加わっておこなわれました。吉田さんからは、研修プログラムでの思い出話、オレゴンでの学生からの生き方に関する質問などに時に熱く、時に冗談も交えながら様々な話をいただくことができました。
 懇親会終了後、学生からは多くの感想が寄せられました。その一部を紹介します。
 パッションを受け取った学生の今後の活躍が期待されます。


   Love yourself!




------------
学生の感想(一部抜粋)

とても貴重な経験をさせていただきました。このような機会を設けていただきありがとうございました!
3月にアメリカでお会いしてから約3ヶ月ぶりということであまり時間は経っておらず、緊張することもありませんでした。吉田社長の人柄のおかげだと思います。
わたしは、いま長期留学や就職活動のことで何を優先したらいいのか悩んでいるので、優先順位はどうやってつけますか?という質問をしました。
吉田社長は、最後は自分の心に聞くべきだ。それがいい選択だったか、悪い選択だったか分かるのは自分だけだから。というアドバイスをくださいました。なので自分のしたいことをしよう!後悔するかしないかは今はわからないんやから!と思えるようになりました。
またみんなの質問やそれに向けてのアドバイスなどとてもためになるお話でした。吉田BBQソースもおいしかったです!また機会があれば、お会いしたいです

------------

吉田会長とお話させていただいて、自分のやりたい事にパッションを捧げるというお言葉をいただいて、自分の将来の夢へ 努力していこうと思い ました。もう一度吉田会長とお会いする事ができて本当によかったです。このような会を設けていただいてありがとうございました。

------------

今回短い時間でしたが、吉田会長と再開でき、また貴重なお話を聞かせて頂きました。吉田会長に質問させていただき、それに関して答えて頂いたことはとても心に染みて、ずっと抱えていた不安がスッと楽になったような感じがありました。このような機会をつくって下さった吉田会長と龍谷大学に感謝致します。

------------



Mt. Hood Community College (外部サイト)

龍谷大学国際学部国際文化学科短期留学研修概要(PDF)

マウントフッドコミュニティカレッジ受入プログラム歓迎式(2014年6月)

ヨシダソース オフィシャルサイト(外部サイト)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る