Julian PIGOTT(ジュリアン ピゴット)

学位

修士(応用言語学)

専門分野・主な研究テーマ

第二言語学習の動機付け・日本での第二言語教育

略歴

1978生まれ
2000年University of Birmingham音楽部卒業
2003年来日
2008年University of Birmingham英語学大学院応用言語学修士課程終了
2011年立命館大学言語教育センター外国語嘱託講師として勤務
2015年龍谷大学国際学部に専任講師として着任

研究テーマ

第二言語学習の動機付け・日本での第二言語教育

所属学会

全国語学教育学会(JALT)
British Association of Applied Linguistics

最近の研究業績

  • (2014) English-as-Panacea: Untangling ideology from experience in compulsory English education in Japan. In D. Rivers (Ed.) Resistance to the Known in Foreign Language Education. Creating new dynamics, attitudes, possibilities and opportunities. Basingstoke: Palgrave. Pp.216-234.
  • (2013) A call for a multifaceted approach to language learning motivation research: Combining complexity, humanistic, and critical perspectives Studies in Second Language Learning and Teaching, Vol.2, no.3 pp.349-366.
  • (2012) Motivation and Complex Systems Theory: An Exploratory view of the Motivation of Four Japanese University Students. OnCue, Vol.6, no.2 pp.27-47.
  • (2012) A humanistic approach to foreign language education in Japan. 立命館言語文化研究 Vol.23, no.4 pp.249-266.

このページのトップへ戻る