斎藤 文彦(さいとう ふみひこ)

研究テーマ

国際開発論、開発倫理学、国際協力研究、サスティナビリティー研究

所属学会

国際開発学会会員、日本アフリカ学会会員、日本国際文化学会会員、Development Studies Association, UK会員

最近の研究業績

著書

  • 『現場から考える国際援助:国際公務員の開発レポート』単著 日本評論社1995年
  • 『参加型開発:貧しい人々が主役となる開発へ向けて』編著 日本評論社2002年
  • 『Decentralization and Development Partnerships: Lessons from Uganda』単著 Springer-Verlag, Tokyo 2003年、2004年度日本国際開発学会賞受賞
  • 『国際開発論:ミレニアム開発目標による貧困削減』単著 日本評論社 2005年4月
  • 『Foundations for Local Gavernance: Decentralization in Comparative Perspective』編著 Heidelberg, Germany: Physica-Verlag 2008年1月
  • 「Decentralization」in『Sage Handbook of Governance』edited by Mark Bevir, pp 484-500. 2010年12月

このページのトップへ戻る