清水 耕介(しみず こうすけ)

研究テーマ

国際政治経済理論、グローバル市民社会論、ジェンダー論、ポスト構造主義

所属学会

日本政治学会、日本国際政治学会、日本平和学会、International Studies Association(US),British International Studies Association(UK)

最近の研究業績

著書

  • 『市民派のための国際政治経済学:多様性と緑の政治の可能性』社会評論社、2002年
  • 『テキスト国際政治経済学:多様な視点から「世界」を読む』ミネルヴァ書房、2003年
  • 『グローバル権力とホモソーシャリティ:暴力と文化の国際政治経済学』御茶の水書房、2006年

編著

  • 『暴力/非暴力:アフラシア叢書第一巻』(長崎暢子・清水耕介編著)ミネルヴァ書房、2010

論文

  • 「現代におけるグローバルな善・悪の概念について:カント、アレント、デリダの正義」、『平和研究』36号、2011
  • 「イラク戦争とヘゲモニー――国際政治経済学が描く二つの覇権像」『アソシエ』15号(2005年)
  • 「世界大戦とナショナリズム――E. H. カーとアレントの見た19世紀欧州」『アソシエ』16号(2005年)
  • "The Political Economy of Desire: Empire, Nation-State, and Unconsciousness", The Study of Human Rights Education, vol. 8, 2005.
  • "Discourses of Leadership and Global Political Economy: three phallus-centrists", Working Paper Series, no.10, Afrasian Centre for Peace and Development Studies, (2006)
  • 「ネーション、ステートそして非/暴力――インドとデンマークの歴史が語りかけるもの」 『アソシエ』17号(2006年)
  • "Japan's Colonialism and Social Scientific Development: Philosophy, Economics, Colonial Studies and Sex Slaves", 『国際文化研究』(2006年)
  • "Human Security, Universality, and National Interest: a critical inquiry", Working Paper Series, no.24, Afrasian Centre for Peace and Development Studies (2007)
  • 「ラディカル・デモクラシーとデモクラティック・ピース論―政治的ラディカリズムと国際関係」、『情況』 5・ 6月号(2007)
  • 「アメリカ政治経済の特性と文化論の隆盛」、『アソシエ』19号(2007)
  • “Asian Regionalism and Japan’s Unforgettable Past”, Afrasian Working Paper Series, No.23, Afrasian Centre for Peace and Development Studies (2007)
  • "Hegemony, Culture, and Politics of the Real: Towards a Diasporic Theory of World Affairs", in Takeshi Hamashita, et.al., eds. Proceedings of the Second Afrasian International Symposium Changing Identities and Networks in the Globalising World:Negotiation, Conflict Prevention and Conflict Resolution in Everyday Life, (2008)
  • "Culture and International Relations: Why Do Japanese IR Focus on the Third Dimension?", in Kosuke Shimizu, Junsuke Ikeda, Tomoya Kamino, and Shiro Sato, eds., Is there A Japanese IR?: Seeking an Academic Bridge through Japanse History of International Relations, Research Series 5, Afrasian Centre for Peace and Development Studies (2008)
  • “Why Were Japanese ‘Postmodernists’ Involved in the Wartime Regime?: Lessons from the Kyoto School’s Theory of World History” , in Nobuko Nagasaki, Pauline Kent, Kosuke Shimizu, Shiro Sato, and Kazue Demachi, eds., Proceedings of the Fifth Afrasian International Symposium, Conflict Resolution in the Afrasian Context: Examining More Inclusive Approaches, Afrasian Centre for Peace and Development Studies (2010)
  • “Structural Violence and Human Security”, Afrasian Working Paper Series, No.65, Afrasian Centre for Peace and Development Studies (2010)
  • “Nishida Kitaro and Japan’s Interwar Foreign Policies: War Involvement and Culturalist Political Discourse”, International Relations of Asia-Pacific, Vol.11, No.1 (2011)

単行本所収論文

  • 「「人間の安全保障」論:構造的暴力との関連において」、小田川大典他編、『国際政治哲学』、ナカニシヤ出版、京都、2011
  • 「欧米の政治経済の現在と今後」、伊藤誠他編、『世界と日本の政治経済の混迷』、御茶の水書房、東京、2011
  • 「グローバリゼーションとグローバル市民社会論―1968年パリ、1989年東欧、1999年シアトル」畑山敏夫・丸山仁編著『現代政治のパースペクティブ:欧州の経験に学ぶ』法律文化社 (2004年)
  • 「政治変容と国際関係」、丸山仁・賀来健輔編『政治変容のパースペクティブ』、ミネルヴァ書房、2005
  • 「アイデンティティの喪失と暴力―アメリカ政治経済史についての一考察」、杉田米行編著、『アメリカ<帝国>の失われた覇権:原因を検証する12の論考』、三和書籍、2007
  • 「国際社会と人間の安全保障:生政治概念とアイデンティティ」、杉田米行・大賀哲編著『国際社会の意義と限界:理論・思想・歴史』、国際書院、2008
  • Human Security, Governmentality, and Sovereignty: A Critical Examination of Contemporary Discourses on Universalizing Humanity, in Francois Debrix and Mark Lacy eds., The Geopolitics of American Insecurity:Terror, Power, and Foreign Policy, Routledge, 2008

このページのトップへ戻る