瀧本 眞人(たきもと まさと)

略 歴

  • 1961年生
  • 1986年 筑波大学地域研究研究科修士課程修了(国際学修士)
  • 2001年 クイーンズランド大学日本語通訳翻訳研究科修士課程修了(MA)
  • 2008年 モナシュ大学人文社会学研究科博士課程修了(PhD)
  • 2013年 龍谷大学国際文化学部(教授)着任

研究テーマ

通訳・翻訳研究、異文化間コミュニケーション、日本語教育、英語教育

所属学会

  1. 日本通訳翻訳学会
  2. オセアニア教育研究学会
  3. Australian Institute of Interpreters and Translators
  4. Applied Linguistics Association of Australia
  5. Japanese Studies Association of Australia

最近の研究業績

論文

  • Takimoto, M. 2012. Interpreters’ involvement in multi-party interactions: The nature of participation as listener and speaker. Multilingua. 31-1
  • Takimoto, M and Hashimoto, H. 2011. Intercultural language learning through translation and interpreting: A study of advanced-level Japanese learners. Babel. 45(2/3): 11-16.
  • 瀧本眞人・橋本博子. 2010.「大学および教員・研究員の国際化をめぐる課題:オーストラリ アの大学におけるFD(教育資質開発)を事例として」『オセアニア教育研究』16: 22-36.
  • Takimoto, M. and Hashimoto, H. 2010. An “Eye-opening” learning experience: Language learning through interpreting and translation. Electronic Journal of Foreign Language Teaching. 7(1): 86-95.
  • Takimoto, M. 2009. Characteristics of an interpreted situation with multiple participants: Implications for pedagogy. International Journal of Interpreter Education. 1:33-44.
  • Takimoto, M. and Koshiba. K. 2009. Interpreter’s non-rendition behaviour and its effect on interaction: A case study of a multi-party interpreting situation. Translation and Interpreting: The International Journal of Translation and Interpreting Research. 1(1): 15-26.
  • 瀧本眞人. 2006.「AUSIT倫理規定と通訳者の行動―ビジネス分野におけるダイアログ通訳の 場合」『通訳研究』6:143-154.

このページのトップへ戻る