最新情報

12/2 ベトナム社会主義共和国総領事 LE QUOC THINH (レー・クオック・ティーン)氏 講演会 「ベトナム状況の概要と日越協力について」を開催

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2011年12月6日

LE QUOC THINH 総領事によるご講演
熱弁されるLE QUOC THINH 総領事
一般の来聴者も含め総勢450名が参加し大盛況となった
LE QUOC THINH 総領事によるご講演
 このたび、龍谷大学国際文化学部では、2011年12月2日(金)、龍谷大学瀬田キャンパス4号館209教室において、ベトナム社会主義共和国総領事のLE QUOC THINH(レー・クオック・ティーン)氏を招聘し、「ベトナム状況の概要と日越協力について」のテーマで講演会を開催いたしました。
 ご講演では、多くの観衆が見守る中、LE QUOC THINH総領事の視点から、ベトナム状況の概要について歴史、政治、経済、文化、社会、教育などの側面からその特徴について詳しく述べられるとともに、ベトナムと日本の関係について、今後の2国間における経済協力の大案件やベトナムと日本の協力ポテンシャルについて述べられ、ベトナムと日本の協力関係・友好関係の重要性について熱く語られました。
 本講演会については日越堺友好協会のご協力により開催され、講演会では多くの学生の関心を集め、一般の来聴者も含めて総勢450名が参加し講演会は大盛況となりました。

 龍谷大学国際文化学部では、本講演会を中国総領事講演会(7月開催)、インド総領事講演シンポジウム(11月開催)に続く「総領事リレー講演会」として開催、今後もこのような講演会の取り組みを継続していく予定です。

ベトナムの留学生を代表しグエン ヒュー クイー(国際文化学部)さん、グエン バク  カン  リンさん(社会学研究科修士課程)より花束を贈呈
講演会の実現に向けて協力の加藤敬大(国際文化学部)さんより記念品を贈呈
LE QUOC THINH 総領事ならびに日越堺友好協会加藤均理事長とともに記念撮影 
LE QUOC THINH 総領事と本学学生との記念撮影

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る