最新情報

「第8回NRI学生小論文コンテスト2013」で国際文化学部生が入賞

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2014年1月9日

今竹悠さん(国際文化学部3年生)

「第8回NRI学生小論文コンテスト2013(主催:野村総合研究所、特別審査委員 池上彰)」において、今竹悠さん(国際文化学部3年)が応募した「女性の社会進出と少子化問題~育児と在宅型勤務の両立による未来型労働の実現~」が佳作を受賞しました。
 今回のコンテストには、八幡ゼミ全員が応募したもので、全国189点の応募があった中からの受賞となりました。

今竹さんのコメント
「この度は佳作に選出して頂き、大変光栄に思います。今後、女性のさらなる社会進出が予測される中、実現できる少子化対策の1つとして「働きながら子供を産み育てることのできる社会」について提案し、"未来型労働"をテーマに論文にまとめました。学生生活の中でまずは1つ、こうした成果を残せたことを大変嬉しく思っています。」

第8回NRI学生小論文コンテスト2013 結果発表

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る