最新情報

TOEICスコアが軒並み上昇! 入学から5ヶ月で平均132点アップ。 最大で360点アップも(グローバルスタディーズ学科)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2015年9月29日

龍谷大学国際学部グローバルスタディーズ学科では、1年次(前期・後期)に8コマ~10コマ(12~15時間)の徹底した英語教育を開講し、英語運用能力を高める教育を今年度より実施しています。教員の熱心な指導の下、学生は授業やキャンパス内での自主学習にて語学力を上げる努力をしてきました。
9月までに提出のあった全学科生のTOEICスコア、および大学内で実施したTOEIC-IPテストの結果によると、4月1日の入学時点の平均スコア438点に対し、わずか5ヶ月で平均570点と、132点上昇しました。中には360点上昇した学生もおりました(参考:2015年度新入社員の平均スコアは494点、内定者の平均スコアは544点。TOEIC HPより)。
また、既に本学科の卒業要件であるTOEIC730点をクリアしている学生も9名出てきました(最高得点820点)。
本学科では、2年次以降に海外への長期留学を必修としておりますが、この留学は現地の大学で正規科目を受講する事を目指しており、各留学先では受入に際しての語学力の基準点を設けています。このことから、引き続き語学力を上げていく必要があります。
今後も、大学が費用負担をして実施した公開テストのスコアや、学生が自主的に受験した試験のスコアについて、平均点等のデータを一定期間毎に公開していきます。グローバルスタディーズ学科生の成長にご注目下さい。

グローバルスタディーズ学科 英語運用能力測定テストの基準スコアについて

2015年9月現在 TOEICスコア(グラフ・平均点・最小値・最大値など)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る