最新情報

レイクヘッド大学(カナダ)学長が本学を訪問(グローバルスタディーズ学科)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年6月14日

キャンパスツアーは、今秋からレイクヘッドに留学予定の学生によっておこなわれた
学生の説明に聞き入るレイクヘッド大学学長
左からスティーブンソン学長、アルドリッジ国際交流顧問
キャンパスツアー担当学生とレイクヘッド関係者の記念写真
2016年6月9日、レイクヘッド大学(カナダ、オンタリオ州)から、ブライアン・スティーブンソン学長(兼大学副総長)、ジェームス・アルドリッジ国際交流顧問が本学を訪問されました。

レイクヘッド大学は、国際学部グローバルスタディーズ学科の提携留学先のひとつです。今回の目的は、今年9月から初めてレイクヘッド大学でグローバルスタディーズ学科の学生を受け入れるにあたり、「龍大のことを知りたい」という学長自らの強い希望により実現したものです。

一行は、松居竜五グローバル教育推進センター長、清水耕介教授(グローバルスタディーズ学科)らと情報交換を行なった後、今年9月から留学する学生10名による英語でのキャンパスツアーに参加されました。

その後、昼休みを利用して、レイクヘッド大学の説明会がグローバルスタディーズ学科生対象に行われました。自由参加にもかかわらず100名を超える学生が参加、熱心に話を聞き、英語での質疑応答がおこなわれました。




--------
今回のキャンパスツアーに協力してくれた学生は次の10名です(敬称略)。
ありがとうございました。

新井 万緒里
小野 真季
河野 友輔
諸葛 鈴佳
白井 匠
永尾 明日香
仁後 祐哉
西村 コギト
西村 風香
目次 健太
(グローバルスタディーズ学科2年・今秋よりレイクヘッド大学へ留学予定)



レイクヘッド大学の説明会には多くのGS生が参加しました
挨拶をするスティーブンソン学長
学生からの活発な質問に応答するアルドリッジ国際交流顧問
昼食会後の関係者との記念写真

グローバルスタディーズ学科の留学制度(学科提携留学)

「TOEIC330点だった私がわずか半年で840点!」学生インタビュー

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る