最新情報

米国総領事アレン・グリーンバーグ客員教授の講演会を開催(グローバルスタディーズ学科)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年10月9日

本学客員教授のアレン・グリーンバーグ 米国 駐大阪・神戸総領事
講演会では学生からの躊躇ない質問が続いた
講演会には留学生も多く参加した
講演終了後も、個別に質問する学生が絶えなかった
終了後の記念撮影
右から、本講演会のファシリテーターである斎藤教授、グリーンバーグ氏、清水教授
右から、久松国際学部長、グリーンバーグ氏、赤松学長、若原副学長、松居グローバル教育推進センター長
講演会のテーマは「Today's International Relations」
2016年10月6日(木)米国 駐大阪・神戸総領事であるアレン・グリーンバーグ客員教授による講演会を開催しました。グリーンバーグ氏による講演は昨年10月に続き2回目です。

「Today's International Relations」をテーマにした講演会には、国際学部グローバルスタディーズ学科生を中心としながら他学部生や交換留学生も多くの参加がありました。

「昨年に続いて皆さんにお会いできてうれしい。今日はみなさんとの対話を楽しみに来たので、その時間を多くとります。」とあいさつがあり、半分以上の時間を質疑応答にあてておこなわれました。講演及び講演後の質疑応答は全て通訳を介さず英語で行われましたが、参加学生からは北方領土問題や北朝鮮問題、沖縄問題、アメリカ大統領選挙や「平和」の定義など、多岐に渡る躊躇ない質問が次々とあがりました。グリーンバーグ氏もそれぞれの質問に真摯にお答えいただきました。質問の挙手があがり続ける中、講演会は惜しくも時間切れとなりました。終了後は、総領事を囲んで記念撮影がおこなわれました。

国際学部では、前身の国際文化学部時代から継続してインド、イラン、インドネシア、中国、ベトナムなど多くの外交官をお招きしリレー形式で講演会を実施してまいりました。今後もこうした取り組みを続けていく予定です。

2015年度の様子(グリーンバーグ氏による開設記念講演会を開催)

国際学部グローバルスタディーズ学科

過去の外交官リレー講演会

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る