最新情報

「グローバル化とキャリア形成」において、富士ゼロックス社顧問・日比谷氏(本学客員教授)に講演いただきました(グローバルスタディーズ学科)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年10月31日

日比谷氏(本学客員教授)の講演は、昨年度に引き続いておこなわれました。
「グローバル化とキャリア形成」授業の様子。
2016年10月27日、国際学部グローバルスタディーズ学科の正課科目「グローバル化とキャリア形成」(斎藤文彦教授担当)において、富士ゼロックス株式会社顧問・日比谷 武 氏(本学客員教授)に講演いただきました。

グローバルに事業を展開している同社で人事部長、人事本部長、常務執行役員、常勤監査役などの要職を歴任されている日比谷氏は、経済同友会幹事としても活動されています

講演において、日比谷氏からは次のような指摘がありました。
「『教養は生きる力の源であり、困難を乗り越える原動力である』となろう。ビジネスパーソンとしての長年の経験から、将来色々な場面でリーダーとなる今の若い人たちにはさまざまな教養が必要であり、そのような教養こそが、ビジネスの現場において目前の課題だけを見るのではなく、その背景を含めて幅広い視野から深く思考する可能性を与えてくれる。」
そのほか、空間という意味でいろいろな国々を旅したり、留学したりして経験すること、時間という意味で歴史をしっかり学ぶことなど、具体的なアドバイスも頂きました。

一線で活躍されてきた日比谷氏の講義を受講した学生は、いろいろと聞きたかった様子でした。グローバルスタディーズ学科では今後もこうした交流機会を設ける予定で、学生も楽しみにしています。




シラバス検索 (科目名に「グローバル化とキャリア形成」と入れて検索)

留学経験を踏まえたキャリアを考える「国際学部キャリアフェア」を開催

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る