本文へスキップ

優秀レポート紹介excellent reports

 優秀レポート・メニューページに戻る

<2013年度前期 優秀レポート>



阪田 直さん (オーストラリア)

【アサインメント】共通課題 Common Tasks
「世代の異なる少なくとも3人のその国の人に日本について知っている事と日本にどう思うか、
 インタビューしレポートしなさい」


Australians! What do you know about Japan?

Hi, everyone! I interviewed four Australians of four different generations.

Case 1: 20 years old female
Q. What do you know about Japan?
A. I know Sushi, and I know Tokyo is the capital of Japan. They eat horsemeat. I know some Japanese words, like, Konnichiwa, Suki, Yamapi (a Japanese popstar). They take their shoes off before entering the room, right?...
Q. How do you think about Japan?
A. I think Japan is cool! I want to go there once.

Case 2: 50 years old male
Q. What do you know about Japan?
A. Japan’s influential in the world, especially in the car and electricity industries. Japan’s facing economic stagnation. Its population is getting old. People are unhappy: Suicide rate is so high. The Japanese are generally quite tolerant of people drunk from Sake, while the society has rigid and strict orders on people. Young people are fashionable.
Q. How do you feel about Japan?
A. I have a positive view of Japan. It’s an interesting place. It is safe. No worries. Japanese yakuza..haha

Case 3: 12 years old male
Q. What do you know about Japan?
A. I know the capital of Japan is Tokyo. There is a city called Kyoto. It’s a part of Asia. There was a big earthquake and tsunami.
Q. How do you feel about Japan?
A. It makes me feel like… like… Can I keep it blank?

Case 4: 18 years old male
Q. What do you know about Japan?
A. They have good anime. Food is nice. It is where PlayStation comes from.
Q. How do you feel about Japan?
A. I mostly feel good—except hunting whales. I don’t really like it.
Q. Did you learn about whaling in the university?
A. No, from media. And, I had learned in the primary school.

Here's some implications that I found out.
1. What they think of Japan varies in generations and genders. Ex. Older people imagine Japanese cars and electricity vs. youngsters come up with Japanese pop cultures.Japanese popstars are famous among Australian girls.

2. Australians mostly have positive image of Japan.

3. Yet, whaling discourse is entrenched in Australian media, society, and education.

It makes me a bit unpleasant and disgusting that the issue of whaling, which don't really matter to most of Japanese,(boldly speaking), more or less damage the relationship between Japan and Australia.I think it's kind of a shame for Japan to stain its good image with it. I really hope not Australian youngsters answer whaling when they are asked about Japan.


市川 紗江さん (カナダ)

【アサインメント】芸術メディア ArtsandMedia
「新聞を読み、日本ではあまり取り上げられないような興味深い記事をレポートしなさい」


A Canadian's inetresting news story

I read a newspaper which is about Canada’s new plastic bills. The title is “Do Canada’s new plastic bills smell like maple syrup?” ( It is from “Toronto star” which is Canadian news) The bills which were made by the Bank of Canada are wondered about by many Canadians because many people could smell maple syrup from the bills, so many Canadians want to know sincerely whether the Bank scented them maple syrup on purpose or not. The maple scent was picked up by a woman in Vancouver who creates perfumes and has a sensitive nose to smell when she first encountered the bill. However, some people couldn’t smell any maple syrup aroma, and someone thinks heat is a cause of the scent. A few people sent messages to the Bank of Canada to know the truth, but the Bank denied the mystery, and a bank official whose name is Jeremy Harrison says the Bank hasn’t added scents to the bills.

The mystery of maple was born soon after the new plastic $100 bill was released in November, 2011 at the first time in Canada. A major cause of changing from paper moneys to plastic moneys was circulation of counterfeit bills. The bills were devised, and they are having transparent windows which were made from plastic, so it is difficult to forgery the bills. The Canadian bills are very colorful and different from Japanese bills.
The Canadian bills have interesting stories else. The bills are written a maple leaf, but a Canadian botanist says the leaf is not a real maple likes the leaf of the Canadian flag, and it is a Norwegian maple leaf. And also, the second Elizabeth who is a Queen of the United Kingdom is written in the $20 Canadian bills, but her face’s looks of the bills was changed with her growing old when the bills changed to new bills. It is very interesting.

Every country has each design of bills and coins and it is interesting to know the history. I like to read Canadian newspapers because I can comparison and find differences between Canada and Japan through news, also other countries. I would like to find interesting news stories more.


高畠 壮司さん (スペイン)

【アサインメント】語学 Language
「教科書では見ることの無かった現地で覚えたフレーズを紹介しなさい」

ことわざ・格言

現地で覚えたスペイン語のことわざや格言のようなものを紹介します。

◎Ser pan comido
直訳は「食べられたパンだ」という意味で、簡単である・朝飯前だという意味で使います。パンは世界中にあり、嫌いな人もそういない → 食べるのは簡単だ! だそうです。

◎al pan pan y al vino vino
直訳は「パンにはパン、ワインにはワイン」という意味で、はっきり言え・しろ という意味だそうです。パンはパンでワインはワインだ!それ以上でも以下でもない!はっきりしているだろう?という感じでしょうか。

◎dar calabazas
直訳「かぼちゃを与える」。拒否するという意味で、昔はかぼちゃは家畜の餌だったらしく、そんなの食えるか ということらしいです。

◎ablar por los codos / ser loro
「肘と会話する / オウムだ」どちらも「おしゃべりだ」という意味です。

◎ajo y agua
直訳は「ニンニクと水」。意味は「あきらめろ」。全然ピンとこないですが、ニンニクと水はもともと関係なく、本来のこの言葉の形は「a joderse y aguantarse」で、それを略して「a joderse y aguantarse」→「ajo y agua」となります。「a joderse y aguantarse」はそれぞれ「困った・我慢する」という意味で、「あきらめろ」というニュアンスになります。


森田 理保さん (中 国)

【アサインメント】国際共生 Global Studies
「何人かのその国の人に自国で最も深刻な問題と世界で最も深刻な問題が何であると考えるか
 インタビューし、レポートしなさい」

深刻な問題はなにか

中国で一番深刻な問題と世界で一番深刻な問題は何かを2人の中国人に聞きました。まず、中国の深刻な問題は、一人目はインフラが整っていないと言っていました。というのは中国経済は近年猛スピードで発展しています。これは日本へ留学していた中国人の話なのですが、2年越しに中国へ帰っても全然違う。車の多さや空気の霞み度、電子器の普及など、人もお洒落をするようになった、たった2年でも大きな変化がある。と彼は言っていました。そして彼はこの発展は無理があると思っているようです。実際自動車の生産台数は世界トップに、またスマートフォンの普及率は世界3位になっています。その反面、まだまだインフラなどの生活の基盤が追いついていないというのが変な気がします。そして中国人自身も生活の変化に十分に対応できていないと私も感じています。実際生活は豊かになりつつあるのかもしれませんが、中国人の内面は満足のいくものではないのだろうと思います。

またもう一人の中国人もほぼ同じ内容でした。経済発展は進んでいるが、環境がひどく悪い。だから経済発展ばかりを重視してほしくない。そして経済が変わっても軸になる政府が変わらないからいつまでも中国は安定しないのだと言っていました。私も中国人の内心に中国共産党は大きく潜在していると思います。中国人は何かと話すたび共産党の話を打ち出してきます。どうか政府がもっといい方へ変わってほしいです。

そして世界で深刻な問題は、アメリカの覇権主義についてでした。彼は日中の仲が良くないのは実はアメリカが原因のひとつでもあると言っていました。これは彼の意見そのものなのですが、米国の覇権主義は世界に大きな影響を及ぼし、日本もいつも米国に干渉されている。そして自国の世界トップの座を守るためにそして利益を得続けるためにできるだけ他の国同士が友好関係をもつことをよしとしないのである。もし日本と中国と韓国の3か国が手を組み大きな組織になれば、とてもすごい力になるだろう。だがそれはアメリカの不利になり兼ねない。だからアメリカは日本を安保と理由づけて中国との関係を推進させないようにしている。だが日本はこのままではいけない。アメリカの干渉から脱却し、中国とより深い関係を築くべきだ。このように彼は話しました。

これらの中国人の意見ははっきりしていてとてもわかりやすかったです。中国人の意見はこのようでしたが、私はぜひ日本人はこのことについてどう考えるのか聞いてみたいです。


龍谷大学 国際学部・国際文化学部

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
TEL:075-645-5645(代表)
FAX:075-645-6444
mail:world@ad.ryukoku.ac.jp