本文へスキップ

優秀レポート紹介excellent reports

 優秀レポート・メニューページに戻る

<2014年度前期 優秀レポート>



安久 成実さん (フランス)

【アサインメント】語学 Language
「言語クラスの先生に、日本人学生に教える際に難しく感じる事は何かを聞いてレポートしなさい」


日本人生徒の難しいところ

J’ai demandé à mon professeur et elle a répondu qu’elle rencontre les difficultés suivantes quand elle enseigne à des étudiants japonais.

D’abord, au Japon, le but principal de l’apprentissage des langues étrangères est de pouvoir lire et comprendre toutes sortes d’écrits. Je pense en effet que je ne me suis pas entraînée à écouter et parler quand j’étais au Japon et je m’en suis aperçue dès que j’ai commencé à suivre des cours en France. Dans tous les cours ici j’ai noté une grande différence avec les autres étudiants étrangers qui, eux, se sont entraînés à l’oral dans leur pays avant de venir et ont donc plus de facilité à suivre les cours, à comprendre les professeurs et les Français qu’ils rencontrent et… à prendre la parole en cours ou ailleurs.

Ensuite, le japonais et le français sont deux langues-cultures très éloignées. C’est ce que j’ai pu constater concernant par exemple la réponse donnée à une question : à la question « Tu n’as pas faim ? », on répond « Oui, je n’ai pas faim. » si l’on n’a pas faim alors qu’un Français ou un Anglais répondra : « Non, je n’ai pas faim. » Je connais cette règle mais elle reste difficile à appliquer pour moi.

En plus les Japonais n’osent pas prendre la parole de peur de se tromper. Moi non plus, je ne prends pas la parole spontanément dans la classe et je me sens mal quand je commets une erreur. Par ailleurs, les Japonais ont des difficultés à s’affronter dans des dialogues, à s’opposer car ils essaient toujours d’arriver à une conciliation alors que les Français n’hésitent pas à se disputer. Cela vient probablement de notre caractère car nous, Japonais, nous essayons toujours d’échanger sans nous disputer.

Une autre difficulté concerne la prononciation. Pour moi, c’est difficile de prononcer les « r » et les « eu » car ces sons n’existent pas dans la langue japonaise ni dans la langue anglaise que tous les Japonais ont apprise.
Et finalement, bien souvent, les étudiants japonais répondent « oui » pour faire plaisir, pour ne pas être « incorrect ». Ainsi, le professeur n’est jamais sûr que l’étudiant ait compris. Moi aussi je réponds affirmativement même quand je ne comprends pas. A mon avis, la raison de cette habitude vient du fait que les Japonais se sentent mal, voire honteux de ne pas comprendre. Par ailleurs, un Japonais ne peut pas imaginer interrompre un cours pour demander des explications car il aurait le sentiment d’ennuyer ses camarades… Pour un Japonais, l’intérêt personnel ne doit jamais passer devant l’intérêt général. Ce serait faire preuve d’égoïsme et de manque d’éducation que de monopoliser l’attention du professeur uniquement pour soi. C’est pour cette raison que nous répondons « oui » même quand nous n’avons pas compris et c’est difficile pour les Japonais de changer cela.

Voici donc les réponses obtenues auprès de mon professeur pour ce qui concerne les difficultés principales rencontrées par la plupart des étudiants japonais dans leur apprentissage de la langue française.


私の言語のクラスの先生に尋ねてみると、日本人に教える際に難しく感じることは多くありました。

まず、日本の言語の授業が読むことと、書いてあることを理解することが目的であることです。私も実際にフランスで授業を受けるようになり、日本でフランス語を聞いたり、話したりする機会がほとんどなかったことを実感しました。他の国からの留学生の多くは、ある程度聞けて、ある程度話せるようになってから留学をしますが、私たち日本人は留学して聞けるように、話せるようになろうとしている人が多いです。

次に、言語文化の違いです。私の実感する言語文化の違いは、否定形の疑問文に対しての答え方です。例えば、お腹すいていない?という質問の場合、日本ではお腹がすいていなかったら、「はい、すいていません」と答えます。しかし、フランス語では(英語でも同様ですが)「いいえ、すいていません」と答えます。文法では習っていて、理解はしているのですが、実際に使う際にはまだすぐに答えることが困難です。そして、日本人は間違えることを恐れて話そうとしないことです。私も実際に授業中にあまり発言しませんし、間違えたら恥ずかしいと感じます。他のアメリカ人や中国人の生徒はどんどん発言しています。もう一つ、他の留学生と異なる日本人の難点は、日本人はディスカッションの際、反対意見を言うことが苦手なところです。言い合わずに和解をしようとする日本の文化が原因のようです。

他に教えることが難しいものは発音だそうです。日本語にはa、i、u、e、oの発音しかないため、フランス語の発音、特に“r”や“eu”などはとても難しいです。そして英語を学んでいたため、読み方も英語読みになることも原因の一つではないかと思います。

最後に、理解していてもしていなくても、すぐに「はい」と言うところです。そのため、先生にはこの生徒が理解できているのかどうかわからないようです。私もよく理解していなくても「はい」と答えることがあります。おそらくこの習慣は、理解できていないことを申し訳なく思ってしまう日本人の性格によるものだと思います。もっとわかるところまで聞けばいいのですが、私は、自分が授業を止めてしまうと他の生徒に申し訳ないから、と考えることが多いです。

以上が私の言語クラスの先生が感じている、日本人に教える際に難しく思うことでした。

この文章をフランス語にし、先生に教えてもらったことをちゃんと理解できているか、ということも含め、添削してもらおうと提出しました。いつもメールでデータを送り、添削がまたメールで返ってきて、後日時間をとってもらい、先生が理解できなかった文章を言葉で説明して、また文章を作り直してもらって、レポートを完成させています。今回、レポートが完成した際に、先生が、日本人学生をたくさん教えてきて難しい、どうしてだろう、と思うことがこのようにたくさんあったけど、このレポートのおかげで理由がわかったし、添削していてとても楽しかった、と言ってくださいました。

私自身も、このレポートを通して、授業にどのように参加していけばよいかわかってきたので、もっと積極的に授業に参加していきたいな、と感じました。


糸谷 博史さん (中華人民共和国)

【アサインメント】地域文化 Area Studies
「その国の歴史的もしくは有名な建造物を訪ねて、自分の言葉でレポートしなさい」


豫 園

私は先日機会があって留学先の上海市にある豫園という名の庭園を訪れました。この庭園は明代に造営されたもので中国政府からは全国重点文物保護単位に指定されています。

入園料金は大人40元ですが老人と学生は半額だったので半額で入ることが出来ました。最初に訪れたとき私が抱いた印象は「随分と広くて迷路のようだなぁ」というものでした。石造りのトンネルや複数ある人工池、一様に赤っぽく塗られた建造物の数々などで方向感覚がくるい同じ場所を数周するようなことが2,3度ありました。内部の案内表示も皆無でしたので尚更でした。しかしながら迷う中でもあちらこちらに名石珍木が配され、目を楽しましてもらいあきるようなことはありませんでした。そのほかにも壁の上部に作られた龍の彫刻や二頭一対の獅子像、屋根に作られた魚のような像(鯱だろうか?)などといった精密な彫像が複数ありました。結局じっくり巡って4時間程度の時間を消費しました。

地面はほぼ全部が石畳で舗装されていましたが、所々そうでないところが入り混じっていて石畳のところは滑りやすく、そうでないところは酷くぬかるんでいて歩きづらかったです。歴史的建造物であるために進めにくいところもあるのでしょうがスロープや手すりも少なかったのでバリアフリーの観点からはいまいちだと思います。

驚くべきところがあるとすればこのような庭園が、皇帝が作ったものではなく一役人が父親にために作らせたという事実です。建設当時は今の倍ほどの面積があったと聞きますからもしそのまま保存されていたら観光は一日がかりだったと思います。

photo


谷山 佳奈美さん (ニュージーランド)

【アサインメント】地域文化 Area Studies
「その国の人3人以上に、自国内で休暇にどの地方に行きたいか、またそれは何故かをインタビュー
 しなさい」

The best place to go for a holiday

This time, I asked three people about where the best place to go on a holiday in New Zealand.

The first person, my host mother’s friend, recommended Rotorua. He told me that his family had visited Rotorua in June, and he thought it was suitable for a family trip because they could take a hot spring bath and enjoy many activities there. Rotorua is the most famous areas as a big terrestrial area in New Zealand. Therefore, you can see a unique scene where the air smells like a rotten egg is given out from everywhere in the city. Also you can see many unique views like geysers or colorful ponds which changed colors due to chemical materials in hot springs at thermal village in Rotorua. It is also famous as the area where many Maori people are still living. For this reason, many tourists visit Maori villages to learn about Maori culture.

The second person, a student in University of Auckland, recommended the Hobbiton movie set. There are two reasons why she chose there. The biggest reason is that she really likes the Road of the Ring Series, and another one is that she can go back to Auckland in a day. You can have a tour of the inside movie set. What’s more, you can take a bus from Auckland so you don’t need to consider about how to go. Recently, a continuation of this movie series was launched so many people are still interested.

The third person, my neighbour, recommended Paihia. He told me that he went there to do marine activities in summer. Paihia is the center of the Bay of Islands, therefore a lot of restaurants and accommodation is lined up along the street. Also you can do many kinds of marine activities like jet boating and wind surfing there. Among all marine activities, the tour swiming with dolphins and the cruise which passes through the hole in the rock are popular among tourists. However, Paihia is famous not only for marine activities but also as a historical area. At Waitangi which is two hours from Paihia, you can visit the Waitangi Treaty Grounds, and see the performance by Maori people like traditional dances. Waitangi is the city where the treaty of Waitangi was concluded, and many historical materials about treaty are displayed in the Treaty House.

I actually visited Rotorua and Paihia with my friends. I think both of places are suitable for a vacation because I could learn about Maori culture and enjoy many kinds of activities. If I have a chance, I want to visit both of places again. Also I really want to visit the hobbiton movie set because I absolute love the Road of the Ring Series. I’m going to go there while I’m staying New Zealand.

photo



龍谷大学 国際学部・国際文化学部

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
TEL:075-645-5645(代表)
FAX:075-645-6444
mail:world@ad.ryukoku.ac.jp