本文へスキップ

優秀レポート紹介excellent reports

 優秀レポート・メニューページに戻る

2016年度後期 国際文化学部、国際学部・国際文化学科
英語以外レポート



野中 学志さん

【Assignment】
教科書では見ることの無かった現地で覚えたフレーズを紹介しなさい

フランス人と会話をしていると、自分の知識不足もありますが、渡仏前には聞いたことのなかったフレーズが多くあります。例えば挨拶では、教科書や授業ではBonjourやSalutを使っていましたが、仲の良い友達、おそらく女性がよく使うものでCoucouというものもあります。これは、親しい間柄や家族間などで使うようで、大人同士が使うのはあまりないと思います。また、上でも書いたSalutはあった時だけでなく、別れ際にもよく使います。これも知らなかったので、最初は戸惑いました。

次は、例えば買い物の際や友達と予定を決めるときです。日本語では、「(これは)つかえますか?」や「(この日で)都合はいい?」のようなことを言うときは、よくÇa marche?使います。英語で言うところのDoes it work?にあたります。これも教科書や授業では見たことがないと思います。教科書ではC'est bon?という表現がよく使われていたので、僕もよく使っていますが、他の表現を知ると、文字通り表現の幅が広がるので楽しいです。

また、レストランで、コースメニューの場合は、menuと言いますが、学校が休みのバカンス中に他のフランスの街を旅行した時に、看板にformuleと書かれていて、最初は何かわからなかったのですが、よく読むとmenuと一緒だとわかりました。この表記は、旅行をするまで知らなかったので、勉強になりましたが、menuとformuleのどちらが主流なのかはわかりません。ベルギーのブリュッセルに行った時は多くのレストランでmenuと書かれていました。

また、「ごめんなさい」言った時に、pas de problèm と言いますが、 pas de souciという表現もよく使います。また、c'est pas grave という言い方もあります。

また、フレーズや表現とは違いますが、フランス人、特に若者はかなり音を短縮します。例えばJe suisはカタカナで書けばジュ スィですが、これをシュイと発音したり、je sais pas ジュセパをシェパと発音することが多いです。また、英語で言うYou are に当たる Tu esや、You have に当たるTu asという表現ですが、日本の授業で先生にはT'esやT'as という省略はできないと言われましたが、フランス人はT'esやT'as をよく使います。

教科書に載ってなかった表現や、先生にできないと言われた省略などがよく使われているということは、言語が常に変化していることの表れでもあると思います。何も先生が悪いわけではないのです。おそらく僕たちが、1年ではどうかわかりませんが、数年間、日本以外で生活をした後に日本に戻ると知らない言葉が増えていることでしょう。そう考えると、言語の変化は面白いと思います。



濵松 茜さん

【Assignment】
その国の人々が健康の為に行っている事で、人々が最も重要だと考えるのは何ですか。またあなたは何かしていますか。しているなら何故?していないなら何故しないのかレポートしなさい


 为了健康最重要是运动,尤其是老年人。在中国一些注意身体的老人每天早上从七点到十点会在公园散步、跑步、练太极拳或者功夫等等。中国的公园很大,风景也很美丽,是最适于老年人锻炼身体的地方。而且公园里有免费供应热水,所以每天早上到公园锻炼的老年人很多。公园也是老年人休息娱乐的好地方。日本公园的特点是小而多,而中国的公园是大而少。在中国的公园里甚至有乒乓球台、篮球场和网球场,公园里的人可以随便使用。中国的公园虽然大,但却很少。到了晚上,公园附近的居民可以在公园跑步,而在大学附近的地方利用学校的操场跑步。听中国的学生说,他们在中学和高中的时候每天都有早操和跑步的锻炼。所以,很多人都喜欢运动。还有,吃饭也是对健康很重要的事情,每天早上都应该吃早饭,这不仅是老年人,也是年轻人特别需要注意的事情。现在很多年轻人为了多睡一会而不吃早饭,这样容易坏了身体。中国有句俗话,早上吃饱,中午吃好,晚上吃少。正确的饮食也是健康的基础。

 为了健康我平时经常走路,即使是去有点远的地方也尽量会选择走路,而不公共汽车和地铁。因为平时没有时间运动,所以会有意多走路。另外,在日本做菜一般不用油,因为日本人认为油是对身体健康有害的,而中国菜一般油很多,很难吃到健康的食物。所以我常常吃一些对身体有益的水果和酸奶。因为一个人来中国留学也无可依靠,在中国生病去医院会很麻烦。我觉得我在留学生中还是比较注意身体健康的。



photo

龍谷大学 国際学部・国際文化学部

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
TEL:075-645-5645(代表)
FAX:075-645-6444
mail:world@ad.ryukoku.ac.jp