Need Help?

Graduate School of International Studies

国際学研究科

研究科概要

20世紀の終盤に始まったグローバル化は、21世紀になってさらに加速し、人と情報の流れは言語や国境を越えてボーダーレスに展開しています。また、このような時代を生きるためには、世界的課題やそれぞれの地域社会が抱える諸問題を明らかにする必要がありますが、そのためには複眼的にこれらの諸課題を検討した上で、多様な見解を持つ他者との対話や交流を通じて、自らの考えを深め、解決方法を提示し、関係者を説得していくことが、理論的にも実践的にも必要となります。こうした現状を踏まえ、これまでの「国際文化学研究科」実績を基に「国際学研究科」を開設します。


研究科長メッセージ

現代の世界は、目まぐるしく変化しています。
テクノロジーの発達とグローバル化によって、情報は瞬時に世界を駆け巡るようになりました。その一方で、民族や宗教、政治や社会の対立に由来する憎悪の連鎖や、紛争の勃発は後を絶ちません。そうした状況の中で、これまでの学問ではとらえきれなかったようなさまざまな現象が、日々生じてきています。

SEE MORE


国際学研究科の教育理念・目的

建学の精神に基づいて,グローバル化の加速的な進展のなかで,現在の国際社会が直面している諸課題・諸現象と批判的に向き合い,多様な文化が共生する社会の実現に向けて,国際的な舞台でリーダーシップを発揮し活躍できる高度の専門的職業人・実務家・研究者の養成を目的とする。

SEE MORE

Request Information

資料請求