お知らせ
※このシラバスは、2017年7月5日現在のものです。
学部のカリキュラム編成等の諸事情により、担当者の変更や不開講となる可能性があります。
その場合は、掲示板等でお知らせします。
● 対 象
U16生【2017年度2年次生】(2016年度後期入学生/2018年度編転入生を含む)
ただし、上記以外でも、学籍異動(休学経験等)により対象となる場合があります。
● 所属演習決定までの流れ
学科毎の所属演習決定までの流れは以下を確認ください。

国際文化学科

No. コース 担当者 テーマ
1




磯江  源 英語の音韻構造の歴史
2 佐野 東生 グローバル時代の多文化共生を考える―― 宗教文化・イスラーム・国際情勢
3 壽崎 かすみ 人間が住み・暮らすための環境を考える(建築・都市・まちづくり)
4 鈴木  滋 人と自然の関係をめぐる人類学
5 タ-ヒュン ノエル Language, Cultural and the World
6 久松 英二 諸宗教の比較研究
7 二葉 晃文 こころとことば
8 古川 秀夫 多文化共生とアクションリサーチ
9




泉  文明 日本語と日本文化・京ことばと京文化
10 カルロス マリア レイナルース 少子高齢社会日本における外国人労働者受け入れ政策
11 史  彤嵐 中国語・中国文化
12 徐  光輝 東アジア地域文化の調査研究
13 嵩  満也 人間と宗教―日本文化と思想を通して考える
14 デブナール ミロシュ 国際移動と日本社会
15 友永 雄吾 日本を学び、世界と遊ぶ人類学探求
16 朴  炫国 韓半島の言語と文学、民俗文化
17 三谷 真澄 アジアの人間交流と仏教
18 劉   虹 中国文化と中国事情
19






カルドネル シルウ゛ァン 日仏間におけるカルチャーショック
20 サルズ ジョナ 「フランケンシュタインは生きている!人間が創造した「人間」の演劇、映画
21 杉本バウエンス ジェシカ 大衆文化における少女・少年文化
22 ファーマノフスキー マイケル Understanding Contemporary American and British Culture and Values through Visual Media
23 松居 竜五 文学・芸術・思想に関する人物研究
24 八幡 耕一 メディア、コミュニケーション、ジャーナリズムに関するプロジェクト型学習

グローバルスタディーズ学科

No. 担当者 テーマ
25 河合 沙織 ラテンアメリカの社会と開発
(G, E, G+E, G+C+E)
26 斎藤 文彦 多様な事例から考える持続可能な社会の実現
(G+C, G+E, C+E, G+C+E)
27 清水 耕介 国際関係における人権と暴力:過去との対話を通して
(E, G, G+E, C+E, G+C, G+C+E)
28 瀧口 順也 歴史的アプローチからの現代世界の考察 -冷戦史とグローバリゼーション-
(G, G+E)
29 瀧本 眞人 グローバル社会のコミュニケーションと通訳・翻訳
(C, G+C, C+E, G+C+E)
30 チャプル ジュリアン 言語と教育Language and Education
(C, G+C, C+E, G+C+E)
31 陳 慶昌 Understanding Power Relations in Global Politics
(E, G, E+G, C+G, C+G+E)
32 長尾 明子 英語教育,TESOL/TEFL
(C, C+G)
33 中根 智子 世界の平和と貧困
(G, G+C, G+E, G+C+E)
34 ピゴット ジュリアン 言語教育・教育・コミュニケーション学・社会問題
(C, G+C, E+C, G+C+E)
35 福山 泰子 現代社会と文化遺産
(G+E)
36 ブラドリー ウィリアム Anthropology in Media, Communication, and Education
(C, G, G+C, G+E, C+E)
37 松村 省一 言語習得研究・異文化間コミュニケーション研究・言語教育研究
(C, C+G, C+E, C+G+E)